女性はプロペシアNG!女性の薄毛に効くのはこれ!

女性の薄毛にプロペシアは使えません。他に効くものがあります


AGAに悩んでいるのは、男性だけとは限りません。
女性の中にも薄毛の悩みを抱えている人はたくさんいます。
「出産を機に一気に髪が薄くなった」「年齢とともに分け目が広がっている気がする」
このような女性は大勢いるのです。

AGA治療に絶大な効果を誇るプロペシア。
しかし、プロペシアは女性は使えません。それどころか、プロペシアは女性にとって有害に働く場合があります。
女性には女性に向いている薬やサプリメントがあります。
プロペシアがなぜ女性に使えないのか、女性の薄毛に効果的なのはどれか紹介していきます。

なぜ女性はプロペシアNGなのか


女性がプロペシアを使ってはいけない理由は

  • 妊娠中の女性が使うと胎児に悪影響がある
  • 男性ホルモンが少ない女性には効果がない
  • からです。
    どういうことなのか詳しく紹介していきます。

    妊娠中にプロペシアを使用してはいけない

    妊娠中の女性はプロペシアの使用・およびプロペシアを触ることも禁止されています。
    男の子を妊娠している女性が服用・または皮膚から吸収した場合、男の子の生殖器に異常が起きる可能性があります。
    妊娠中の女性がプロペシアの有効成分に触れた場合は医師に相談が必要です。

    なお、プロペシアの錠剤はコーティングされているので、通常の取り扱いでは有効成分に触れることはないとされています。
    しかし、割っている場合や砕けている場合はその限りではありません。
    コーティング剤がはがれているという可能性もあるので、女性はなるべくプロペシアを遠ざけるほうが好ましいと思います。
    万が一有効成分に触れてしまった場合は、医師に相談することが必要です。

    女性には効果がない

    男性のAGAの原因は男性ホルモンが原因となっています。
    プロペシアは抜け毛の原因となる男性ホルモンを抑制するという働きがあるので、もともと男性ホルモンが少ない女性には効果が期待できません。
    女性の薄毛(FAGA)と男性の薄毛は原因が異なるので、男性にとっては効果抜群の薬も、女性には効果がないことになります。

    女性の薄毛と男性の薄毛は違う~女性の薄毛の原因~

    基本的に男性と女性の薄毛の原因は異なります。
    女性の薄毛の多くは「びまん性脱毛症」と呼ばれるものです。

    • 抜け毛が増えた
    • 髪が細くなりボリュームがなくなった
    • 分け目が広がってきた

    というような症状が出てきます。

    女性の薄毛(びまん性脱毛症)の原因は主に次の2つです。

    • ホルモンバランスの乱れ
    • 頭皮の栄養不足

    男性の薄毛も、頭皮の栄養不足が絡んでいることがあります。
    しかし、男性の場合、男性ホルモンの影響も大きく、複合的な原因でAGAを発症していることが多いです。

    ホルモンバランスの乱れ

    妊娠や出産で抜け毛が多くなったり薄毛になることがあります。
    これは妊娠や出産で女性ホルモンが大きく増減することが関わっています。
    女性ホルモンが減ると、通常のヘアサイクルが乱れ、一時的に多くの毛が抜けてしまうということがあるのです。
    女性ホルモンが正常になると、またヘアサイクルは元に戻り、薄毛は解消されます。
    しかし、妊娠や出産以外でも、更年期、ストレスなど様々な理由でホルモンバランスは乱れます。
    ストレスや睡眠不足、栄養不足などの原因があるとヘアサイクルが戻らずに脱毛が続くこともあります。

    頭皮の栄養不足

    過度のダイエット、不規則で偏った食生活などが続くと、頭皮の血行不良を引き起こすことがあります。
    頭皮が血行不良になると、髪の成長に必要な栄養素が届かず、抜け毛が増える原因になってしまうのです。
    また、ストレスも血行不良の原因です。
    ストレスにより自律神経のバランスを崩すと、血管の収縮がうまくいかなくなることがあります。
    その結果、頭皮に栄養がいかない現象を起こし、薄毛になるというものです。
    また、ストレスは他にも円形脱毛症を引き起こしたり、自分で毛を引き抜く脱毛症という病気の原因になります。
    頭皮の栄養不足は年齢に関係なく、若い人でも起こりえるものです。

    女性の薄毛対策にはこの商品

    女性の薄毛に効果があるとされている商品は次の3つです。
    他にも女性向けの商品はありますが、特に人気が高く、口コミの多い商品を選んでみました。
    いずれも通販サイトで購入できる商品です。

    パントガール

    パントガール
    パントガールは世界で初めて女性の薄毛に効果があると認められた医薬品です。
    パントテン酸カルシウムやケラチンなどの髪や頭皮にいい栄養素が配合されており、ほぼサプリメントに近い薬です。
    副作用なども特に報告されていないので、医薬品に抵抗があるという人にもおすすめです。
    パントガールは美容クリニックでも処方されることも多く、臨床結果も十分にあります。
    なお、美容クリニックでは保険がきかないため、通販サイトの2倍以上の値段で販売されています。
    薄毛治療は長期的に続けることが必要なので、あまり高値だと続かない場合があります。
    値段が気になって続けられないという人は、通販サイトもぜひ検討してください。

    ツゲイン

    ツゲイン
    ツゲインは女性も男性も使用できるAGA治療薬です。
    ミノキシジルという主成分が配合されており、頭皮の血管を拡張させることで酸素や栄養を頭皮や髪に届けていきます。
    直接頭皮にぬるタイプの治療薬で、特に薄いところがあるという人は集中的に治療できるのでおすすめです。
    女性が使う場合は、2%のものを使用し、1日2回の塗布が必要です。
    女性の場合、5%や10%の配合量の物は使用しないでください。
    女性は2%で効果が確認されており、それ以上の配合量のものは副作用が強く出ることもあります。

    ルグゼバイブ

    ルグゼバイブ
    ルグゼバイブはパントガールの成分に馬プラセンタを含有したものです。
    ケラチンやL-システインなどパントガールで配合されている成分だけでなく、新陳代謝を促し若返りを促進させる馬プラセンタが配合されているので、アンチエイジングを図りたい女性におすすめの商品です。
    こちらも副作用の報告がされておらず、サプリメントのように使うことができます。
    馬プラセンタが配合されている分、パントガールよりはお値段が上がります。
    しかし日常的にプラセンタのサプリを摂取している女性の場合、こちらに切り替えたほうがお得です。
    ルグゼバイブは、美容クリニックや、楽天で購入することも可能です。
    しかし、美容クリニック・楽天ともに1万円を超えることが多く、あまり経済的ではありません。
    個人輸入代行サイトや海外通販サイトなら、もっと安い値段で手に入れることができます。