プロペシアとミノキシジルの併用が効果的!

AGA治療ではプロペシアとミノキシジルの併用が最も効果が高いとされています

ミノキシジル
プロペシアと共に有名なAGA治療薬が「ミノキシジル」です。
AGA治療を行う際に、ミノキシジルとプロペシアを併用するとさらに効果を上げることができます。

「経済的な理由で両方はちょっと難しい」という人は、ぜひ海外通販サイトを検討してみてください。
クリニックよりも安い値段で両方手に入れることができます。
ここではミノキシジルやおすすめの製品について詳しく紹介していきます。

ミノキシジルとは

ミノキシジル
ミノキシジルは世界で初めて認可されたAGAの薬です。
世界中で使われており、日本だけでなくアメリカ・ヨーロッパなどでも多くの人が愛用しています。

ミノキシジルの主な作用は血管拡張作用です。
AGAになると、毛根や頭皮の血管が収縮し血流が弱くなります。
しかし、ミノキシジルは血管拡張作用があるので、より多くの栄養を毛根に届けることができるのです。
頭皮に栄養が届くことで、髪の毛の成長や脱毛予防、発毛促進などが可能になります。

ミノキシジルは、市販薬の「リアップ」でも配合されている成分です。
ドラッグストアでも取り扱いがある商品で、実際にこの商品の愛用者も多くいます。
ただ、値段が少々高めなので毎日続けるのはちょっと厳しいという人もいるのではないでしょうか。
そんな人には海外通販サイトがおすすめです。
同じミノキシジルの成分が配合されている治療薬が、日本の半額以下の値段で購入できます。

プロペシアとミノキシジルの違い

プロペシアとミノキシジルの違いは「成分」「体への作用」「形状」などがあります。
同じAGA治療薬でありながら、別々の働きをするので相乗効果がうまれやすいのです。
プロペシアとミノキシジルの違いについて紹介します。

プロペシアとの違い1:成分が異なる

  • プロペシア=フィナステリド
  • ミノキシジル=ミノキシジル

プロペシアは「フィナステリド」という成分でできています。
この成分は、抜け毛を促進するDHTという男性ホルモンを抑制するという働きをします。

ミノキシジルの主成分は「ミノキシジル」です。
ミノキシジルは血管拡張作用・血行促進作用があります。
血行促進することで、髪や頭皮に栄養をあたえ、育毛を促進していきます。

男性ホルモンを抑制し、頭皮環境を改善していくことでAGA対策ができるという仕組みです。

プロペシアとの違い2:男女で使えるかどうかが異なる


プロペシアは男性は使えますが、女性は使えません。
ミノキシジルは低い濃度(1%)であれば女性も使うことができます。

プロペシアは男性ホルモンを抑制する働きがあります。
そのため、女性にプロペシアの効果はありません。
それどころか、女性は砕けたり、割れたプロペシアを触ることもNGです。
特に妊娠中や授乳中の女性が服用した場合、胎児や赤ちゃんへの影響が大きく生殖器が正常に発育しなくなる恐れもあります。
プロペシアは皮膚からも吸収されるので、女性が触るのはNGなのです。

ミノキシジルは、低い濃度(1%)の外用薬であれば女性も使うことが可能です。
ただし、女性の場合副作用が強いので5%などの高い濃度の外用薬やミノキシジルタブレットは使用できません。
市販されている女性用ミノキシジルは1%です。
女性がミノキシジル1%の外用薬を使うのは、「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」でも
「男性型脱毛症に 5%ミノキシジル,また女性型脱毛症に 1%ミノキシジルを外用するよう強く勧める」
との記載があります。

違い3:形状が異なる


プロペシアは錠剤のみですが、ミノキシジルは外用薬(液体)と内服薬(錠剤)があります
ミノキシジルの錠剤はミノキシジルタブレットとも呼ばれています。
ミノキシジルタブレットはより強く効果が出ると口コミも多く、愛用者が多いです。
外用薬だと濃度が低いものから高いものまで選べるので、少ない濃度で試したい人にも最適です。
ミノキシジルは自分の好みや好きな形状で選べるというのが大きな特徴です。

ミノキシジルの外用薬と内服薬はどっちがいいの?

AGA治療において、最も推奨されている組み合わせが「フィナステリド(プロペシア)+ミノキシジルの外用薬」の組み合わせです。
「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」で、ミノキシジルの外用薬の推奨度はA、フィナステリドの内服の推奨度もAとなっています。
AGAの治療において、この組み合せが安全で最も効果を期待できると考えられます。

なお、口コミなどを調べていくとミノキシジルの内服薬も効果が高いというものがありました。
これまでのAGA治療であまり効果を感じられなかった人が、内服薬で効果を感じたという旨の口コミが多くあります。
ただし、副作用の多毛症(ひげや腕、すね毛などの体毛が濃くなる)や、動悸・めまいなどが発生したという口コミもあります。
まずは、ミノキシジルの外用薬+プロペシアを使用し、それでも効果を感じなかった場合に副作用や禁忌を調べたうえで、ミノキシジルの内服薬を試すのがいいのかもしれません。

ミノキシジルの副作用


ミノキシジル(外用薬)の副作用として、発疹やふけ、かゆみ、かぶれや血圧の低下があります。
特に多く報告されているのが頭皮のかゆみです。
また、内服薬タイプのミノキシジルタブレットでは、多毛症、低血圧、動悸、むくみなどがあります。
特に多いのが多毛症で、髪以外にも毛が生えてきたり濃くなることがあります。

副作用が心配な方は外用薬を使うようにしてください。
外用薬は副作用が少なく、気になる箇所にピンポイントで治療を行うことができます。

また、外用薬・内容薬ともにあるのが「初期脱毛」の副作用です。
薬を使用してから1~2か月程度で出てくる症状で、急に髪の毛が抜け落ちるというものです。
新しい髪の毛が生えてくる前に古い髪の毛が抜ける症状で、一見するとAGAが悪化したように見えます。
驚いて薬をやめてしまう人もいますが、これはしっかりと薬が効いている証拠です。
頭皮や髪がより健康になってきたというサインなので、薬をここでやめないようにしましょう。
薬をここでやめてしまうと、元に戻ってしまいます。

おすすめのミノキシジル製品

ミノキシジルが配合されている製品はいくつかあります。
その中でもおすすめの商品を紹介します。

ツゲイン

ロゲインというミノキシジル外用薬のジェネリックです。
2%、5%、10%と種類が多いので、自分の症状に合わせて使うことができます。
2%のものは女性でも使用することができます。
コストパフォーマンスが抜群に高い商品です。

【プロペシア+ミノキシジル(塗るタイプ)のセット】フィナステリド180錠+ツゲイン5% 6箱(6ヵ月分)

フィナステリド(プロペシア)とツゲインの5%がセットになった商品です。
1つのセットで半年持つのでコストも◎
1セット2万円で買えるので病院の半値以下で治療を行うことができます。

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルの内服薬(ミノキシジルタブレット)です。
5mg.10mgがあります。
口コミでの評判が良い商品です。

【プロペシア+ミノキシジル(飲むタイプ)のセット】フィナステリド+ミノキシジル(6ヶ月分)

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルタブレットのセット商品です。
フィナステリドは1mg、ミノキシジル5mgのセットになっています。
フィナステリドとミノキシジルタブレットを使う人におすすめです。

まとめ

AGAで悩んでいる人にぜひ試してもらいたいのがミノキシジルとプロペシアです。
この組み合わせはAGAで悩む多くの人達を助けてきました。
金額的に厳しいという人も、通販なら簡単に購入できます。
AGAは放っておくと進行するだけなので、早めの対策が必要です。
AGA治療を始めてみませんか?