男性の薄毛は大豆(イソフラボン)で改善される?


薄毛に悩んでいる男性の皆さん、薄毛は大豆によって改善することができます。
なぜ大豆?と疑問に思う方もいると思います。

食べ物で薄毛が改善されるなら、とっくにやってるよ!
そんな簡単に薄毛が治るわけがない!
と思う人も多いかと思います。

でも、何もせずに薄毛だからしょうがないと諦めるのではなくできることなら改善したいですよね。
ここでは、男性の薄毛は大豆(イソフラボン)で改善される?と題して、薄毛と大豆について解説していきたいと思います。

薄毛には大豆がおすすめ!?

薄毛には本当に大豆がオススメなのでしょうか?
答えとしては、イエスです。

薄毛と大豆にはあるホルモンが関係していきますが、大豆を含む製品の摂取ではこのホルモンがバランス良く、なおかつ体に負担をかけずに摂取することができるのです。
ホルモンについては、下記で詳しく説明していきます。
大豆にはイソフラボンが含まれていることは皆さんもよく知っていると思いますが、このイソフラボンが薄毛を改善するカギとなるのです。
オススメの大豆製品には、納豆や豆乳、きなこ、木綿豆腐などがあります。

イソフラボンは髪を太くする?

なぜイソフラボンなのでしょうか?
イソフラボンは植物性エストロゲンと言われており、実は女性ホルモンとエストロゲンと非常に似た働きがあると言われています。

また、アンチエイジング効果もあるため、頭皮の環境を整えたり、髪の毛のアンチエイジングを行うこともできます。
活性酵素の働きを阻害する効果もあります。

エストロゲンには髪の毛の成長を促したり、ヘアサイクルを保つことができ、髪の毛を太くする効果があるので、イソフラボンにも同じ効果が期待できます。

イソフラボンがDHTレベルを低下させることが発表されている

イソフラボンはAGAの原因となる、DHTレベルを低下させることが発表されています。
イソフラボンがホルモンに対して作用することで、ホルモンバランスを調節し、男性ホルモンの増加を防ぐことできます。
男性ホルモンを抑えるというよりは、女性ホルモン量を減少させないようにすることでAGAの原因となる男性ホルモンのDHTを低下させるのです。

女性ホルモンでハゲは抑制できる?

女性ホルモンでハゲは抑制できます。
ハゲになってしまう原因は人それぞれになりますが、DHTという男性ホルモンが関係しているということは確かなことです。
ホルモンバランスが乱れてしまうことで髪の毛が薄くなり、ハゲになってしまいます。

女性ホルモンである、エストロゲンは髪の毛の成長には欠かせないホルモンです。
このエストロゲンが少なくなってしまうと、DHTが増量しハゲてしまうのです。

そのため、女性ホルモンを摂取することでハゲを抑制することができます。

たくさん摂取すると逆効果になる場合も

女性ホルモンで薄毛が改善できるなら、たくさん女性ホルモンを摂取すればいいのでは?と考える人がいると思いますが、たくさん摂取してしまうと逆効果になってしまう場合もあります。
ホルモンはバランスが大事です。
バランスを整えておかなければ、体に異変が起こってしまうのです。

AGAは男性ホルモンが多くなってしまうことで薄毛になるという異変が起こっていますが、女性ホルモンの量を戻すことで改善することができます。
しかし、女性ホルモンを過剰に摂ってしまうとホルモンバランスが乱れてしまい、体に異変が起こってしまう可能性があり、たくさん取ったのに体調を壊す逆効果となってしまいます。

部位によっては女性ホルモンが薄毛やハゲを抑制する?

女性ホルモンは、髪の毛の成長を促してくれますが、働きかけることのできる部位が決まっています。
有効とされる範囲は、頭頂部から耳の周辺となります。
そのため、広範囲でAGAが起こっている場合には、薄毛を改善することができません。

頭頂部が薄くなってきたという場合には、女性ホルモンによって改善することができます。
余談ですが、女性の薄毛が頭頂部に起こるのは、この女性ホルモンの影響とされています。

薄毛でも女性ホルモンを投与するのは危険?

現代ではホルモンを直接注射などで投与することもできますが、女性ホルモンを投与するのは危険です。
もちろん薄毛にも効果はありますが、直接女性ホルモンを投与してしまうと、副作用が生じてしまう可能性があります。

男性が過剰に女性ホルモンを投与すると、
血栓症、肝昨日障害などが起こるだけでなく、性欲が減退してしまったり、勃起が起こりにくくなってしまうなどの男性機能にも悪影響を及ぼしてしまいます。
また、乳房が大きくなってしまうという見た目の問題も出てきます。

簡単に説明すると、女性ホルモンを投与することで見た目が女性に近くなってしまうということです。
そのため、女性ホルモンを摂取する場合には、投与するのではなく、食品などから少量ずつ摂取するようにしましょう。

女性ホルモン以外で薄毛をどうにかするなら?

女性ホルモンを摂取するということ以外で薄毛をどうにかしたいと思ったら、市販の育毛剤などを使用することが一番簡単です。
ただ、市販のものとなると安全面を考慮して、薬の成分の効果が弱いものとなっています。
そのため、激的な効果を期待することはできません。

一番効果的と言える治療は、クリニックに相談し、AGA治療薬を使用するという方法です。
AGA治療薬であれば、3ヵ月ほどで効果を実感することができ、半年で生えてきたと言える効果があります。
どうしても薄毛をどうにかしたいという人は、クリニックに行くことをオススメします。

薄毛と女性ホルモンについてまとめ

薄毛と女性ホルモンは実は関係のあるものでした。
男性だからといって、女性ホルモンは関係ないと思わずに、ホルモンバランスを整えるという観点から見てみて下さい。

また、女性ホルモンと似た働きを持つイソフラボンを摂取することで男性の薄毛も改善することができます。
大豆製品をちょっと意識的に摂取するようにしてみましょう。