髪にいい食べ物は?食生活を改善して抜け毛を減らそう


食生活を改善しなければ!と思っていても、結局髪の毛にいい食べ物が何なのか分からない、という人は多いと思います。
いいと思って食べていたけど、本当は悪かった…
いいとは思っていなくて、全然摂取していなかった…
そんなことにならないようにしっかりと髪にいい食べ物を知っておきましょう。

ここでは、髪にいい食べ物は?食生活を改善して抜け毛を減らそうと題して髪にいい食べ物を紹介していきます。

髪にいい食べ物の種類

髪にいい食べ物は以外と多くあります。
それぞれをバランス良く取ることで髪の毛を維持していきましょう。

では、実際に髪にいい食べ物の種類について見ていきたいと思います。

タンパク質

タンパク質は髪の毛を構成する成分のケラチンのもとになります。
タンパク質が不足してしまうと、髪の毛が育つことができません。

タンパク質を多く含む食材には

  • 乳製品
  • 大豆製品

などがあります。

特に魚のタンパク質は脂質が少なく良いとされています。

ヨード

ヨードはヨウ素のことを指しますが、ヨードは甲状腺の働きをサポートする効果があります。
髪の毛の発育を促す働きもあります。

ヨードを多く含む食材には

  • わかめ
  • ひじき
  • 昆布

などがあります。

主に海藻類にはとても多く含まれています。

ビタミン類(A・B・C・E・F)

ビタミンには様々な種類がありますが、どれも髪の毛には必要となります。
血行を良くすることによって、抜け毛を抑える働きがあります。

ビタミン類を多く含む食材には

  • 緑黄色野菜
  • 玄米
  • ごま
  • ナッツ類
  • オレンジ
  • れもん
  • レバー
  • マグロ

などがあります。

ビタミンは不足してしまうと体に悪影響となるため積極的に摂取して下さい。

エイコサペンタエン酸

エイコサンペンタエン酸は血液が固まる力を低下させます。
その結果、コレステロールが溜まるのを阻害することができます。

エイコサンペンタエン酸を多く含む食材には

  • いわし
  • ぶり
  • さば

などがあります。

これらの背中の青い魚に含まれています。

コラーゲン

コラーゲンは髪の毛のつやを保つ働きがあります。
また、髪の毛だけでなく肌のつやを保つ働きもあります。

コラーゲンを多く含む食材

  • 長いも
  • れんこん
  • 納豆

などがあります。

コラーゲン入りの飲み物やグミなどもあります。

タンパク質は脂質が少ないものを

タンパク質の摂取は何よりも大事です。
タンパク質は髪の毛を構成するうえで欠かせない存在となりますが、脂質が多いと頭皮がべたついてしまいます。

タンパク質を摂取する時には、脂質の少ない魚や鳥のささみなどから摂取するようにして下さい。