フケが出るのは薄毛の始まり?頭皮からの警告


最近フケが出るようになったな…と感じる人はいませんか?
髪の毛はいい状態を保てていますか?
フケが出ているようなら、髪の毛が良くない状態となっているかもしれません。

冬の時期にフケが出てしまうなという人や、季節に関係なくフケが出ているなという人もいるかもしれません。
しかし、そのフケは薄毛の始まりかもしれません…

ここでは、フケが出るのは薄毛の始まり?頭皮からの警告と題して、フケについて詳しく解説していきたいと思います。

フケってなに?

そもそもフケとはどのようなものでしょうか?
皮膚が乾燥して剥がれ落ちたものという印象があるとは思いますが、まさにその通りです。
本来であれば頭皮の皮膚が剥がれ落ちてしまっても目で確認できるほどではありません。
しかし、あまりにも多くなってしまうと目に見えるようになり、フケと言われていますのです。

フケが出る原因は?

フケが出てしまう原因はどのようなものでしょうか。

  • 強い紫外線や直射日光によって、頭皮が傷んでしまい、汗によって頭皮が不潔になる

これは、夏の暑い時期に頭皮が日光によって日焼けしてしまい傷んでしまうことで起こります。
また、夏は頭皮にも汗をかくため、清潔に保つことができないと、菌が繁殖してしまいます。

  • シャンプーの仕方が間違っている、爪で頭皮を傷付けた

シャンプーの仕方が間違っていると頭皮を傷付ける原因となります。
シャンプーをながしきれていなかったり、ごしごしと爪で強く洗うなどすると頭皮に傷をつけることになってしまいます。

  • カラーリングやパーマによる頭皮への刺激

カラーリングやパーマは強い薬剤を使用して行うので、頭皮に過度な刺激を与えてしまいます。
その結果、頭皮を傷つけることになります。

  • 偏った食生活、睡眠不足、ストレス、疲労などの体調不良

偏った食生活をしていると頭皮に栄養が届かず、睡眠不足では髪の毛を育てることができません。
こういった結果から体調が悪くなるとフケが出やすくなります。

ベタベタしているフケは要注意


フケは一般的には乾いたものだと思いますが、中にはベタベタしているフケもあります。
これは、脂性フケといって、脂が含まれているので湿っており、ベタベタしているのです。
原因としては、頭皮の皮脂が異常に分泌されており、脂漏性皮膚炎の疑いもあるので、注意して下さい。

痒くなる原因は?

フケがあると痒くなると思いますが、なぜ痒くなるのでしょうか。
痒くなる原因もいくつかあります。

頭皮が清潔に保たれていないと細菌が繁殖してしまい、痒みの原因となります。
髪の毛を頻繁に洗ったり、強く洗うことで必要となる皮脂までも洗い流してしまうため乾燥して痒みが出ることもあります。
頭皮を傷付けてしまうことで傷口ができ、そこが痒くなるということもあります。
また、シラミなどの寄生虫によって痒みが起きている可能性もあります。

皮膚科に相談する

湿疹や赤みがある場合には、皮膚科に相談するようにしましょう。
大丈夫だと思っていても、症状が進行してしまってからでは治療も大変となるので、鏡で確認する、人に確認してもらうなどして下さい。

シャンプーの回数・やり方を変えてみる


毎日行っているシャンプーをもう一度見直してみましょう。
やり方が間違っていたりシャンプーがそもそも皮膚に合っていない可能性もあります。
回数や正しいシャンプーの仕方を見直すようにして下さい。

頭皮の血行を良くする

頭皮マッサージをすることで、頭皮の血行を促すことができます。
血行を良くすることで、毛母細胞まで血液を届けることができ、髪の毛の健康や成長に効果が期待できます。

お風呂上りにやってもいいですし、シャンプーの時に頭皮マッサージをしながら洗っても良いかと思います。

頭皮を健康にして薄毛予防

フケが出ているということは、頭皮が健康ではないということです。
頭皮を健康に保つためには、フケの有無も確認するようにして下さい。

また、頭皮を健康にしておくことで、薄毛の予防となります。
細かいところですが、原因と対処法を知ることで、薄毛を予防していきましょう!