若ハゲの原因と対策方法!今すぐできる若ハゲ対策!!

今若者の間でもハゲは気になるものとなっていることをご存知ですか?
若者はファッションやヘアスタイルに敏感なため、若ハゲになるととても苦労するようです。

若ハゲとは一般的に10代から30代のうちに髪の毛が薄くなり、頭皮が見える状態になってしまうことを指します。
そんな若ハゲは今増え続けているのです。

ここでは、若ハゲの原因と対策方法!今すぐできる若ハゲ対策!!について解説していきたいと思います。

早い人は10代から?

若ハゲと言われてもピンとこないかもしれませんが、今早い人では10代の中高生でもハゲてしまうようです。
ちょっとでも薄いと「ハゲ」とバカにされてしまうようですが、実際には10代なのに頭皮が見えるくらいに薄くなっている人もいるのです。

若ハゲの原因

なぜ10代くらいでもハゲてしまうのでしょうか。
若ハゲは治すことができるのでしょうか。

ここからは、若ハゲの原因について見ていきましょう。

遺伝

ハゲは遺伝すると言われていますが、やはり若ハゲは遺伝が原因となることもあります。
特に、両親の家系的にハゲている、両親や祖父母に若ハゲが居たというのは若ハゲになりやすいとされています。

遺伝だからといって必ずしも若ハゲになるということではありませんが、若ハゲになるリスクがあるということです。

人間関係や環境によるストレス

ストレスは薄毛の原因となりやすいとされています。
特に中高生などの若い時には、人間関係や環境によってストレスが起こりやすいと言われています。
気を遣わなければいけないことがストレスになってしまったり、初めての環境でのストレスが感じやすく、そのストレスをため込んでしまう可能性もあります。
また、この時期は思春期ともなり、家族との距離感や関係においてもストレスを感じやすくなります。

運動不足

運動不足も若ハゲの原因となります。
特に10代の若い頃に運動不足となってしまうと、血流が悪くなります。
頭皮に血流が行きわたらなくなってしまい、栄養を十分に取ることができません。
そのため、髪の毛が育たなくなり若ハゲとなってしまいます。

偏った食生活

若い頃はジャンクフードを食べる機会も多いと思いますが、ジャンクフードやお菓子のような栄養バランスが偏っている食事を続けてしまうと、若ハゲの原因となります。
特に、脂質が多く含まれている食事では皮脂の異常分泌を引き起こしてしまいます。
皮脂の異常分泌が起こると、頭皮の皮脂が詰まってしまい、発毛を阻害してしまいます。

睡眠不足

睡眠不足も若ハゲの原因となります。
睡眠時には、成長ホルモンが分泌されていることから睡眠が足りないことでハゲてしまいます。
成長期である10代は、成長ホルモンの分泌も盛んです。
勉強やバイト、ゲームなどで夜更かししてしまうと、若ハゲとなってしまいます。

スマホやPCの使い過ぎ

スマホやPCの使い過ぎによって若ハゲが起こるとされています。
スマホを長時間使っていると、目が疲れてしまい、眼精疲労が起こります。
髪の毛の成長にはビタミンB群とL-シスチンが必要となりますが、この2つは目にも届けられている栄養です。
眼精疲労を起こしてしまうと、目を回復させようとして目の方に栄養が行ってしまい、髪の毛には届かなくなってしまいます。

また、スマホをのブルーライトは睡眠の質を下げる原因となります。
この2つの理由から若ハゲとなってしまいます。

頭皮環境の悪化

頭皮環境が悪化している状態だと、若ハゲになってしまいます。
特に、おしゃれからカラーリングやパーマをしていると、髪の毛だけでなく頭皮にも栄養を及ぼします。

また、整髪料によっても頭皮がべたついたりしてしまうので、頭皮環境が悪化してしまいます。
毛穴を塞いでしまうと発毛を阻害してしまい、若ハゲになってしまいます。

間違ったシャンプーのやり方

間違ったシャンプーのやり方をしている場合には若ハゲになる原因となってしまいます。
シャンプーをゴシゴシと力強くやっていませんか?頭皮が傷付いてしまいます。
シャンプーする時には優しく丁寧に洗うようにして下さい。

若ハゲの対策方法

若ハゲは治すことができます。
むしろ、若ハゲのうちに対策をしておくことで、回復力があるので、治るのです。

ここからは、若ハゲの対策方法について紹介していきます。

ストレスの元に対処する

ストレスがある場合には、ストレスの元となることを対処しましょう。
何がストレスになっているのか、あの人との関係で悩んでいると分かるのであれば、できるだけ早く解決するようにして下さい。

ストレスによって自律神経が乱れてしまうと、若ハゲを治すことはできません。
もしも、対処できないストレスがある場合にはストレス解消法を活用して下さい。

ストレスを解消する

上記の項目と似ていますが、ストレスを解消するということが重要です。
この場合には、ストレスの元を解消しろ!ということではなく、ストレスを吐き出せるようにして下さいということです。

趣味に没頭する、カラオケで大きな声を出す、運動してみるなどストレス解消法には様々なものがあります。
適度に息抜きをしてストレスを解消して下さい。

適度な運動で汗を流す

適度な運動で汗を流すことで血流を促すことができます。
また、汗をかくということは、余計な分泌物を汗として体の外に排出することができます。

運動をすることで身体が疲れ、自然と睡眠を取れるようにもなるので、適度に汗を流す程度の運動をするように心がけて下さい。

食事の時間を決める

食事は決まった時間にとれるように、食事の時間を決めて下さい。
特に注意してもらいたいのが、夕食です。

朝や昼は学校に行くために動いているためほとんど毎日同じ時間だと思います。
しかし、夕食は自由となるため、寝る直前に食べるという人もいるのではないでしょうか。
寝る直前に食べてしまうと、消化するために血液が胃に集中してしまい、頭皮に血液が回らなくなってしまいます。

食事はできるだけ決まった時間にとりましょう。

髪に良い栄養を摂取る

髪に良いとされる栄養を取るように心がけて下さい。
特に、髪を形成するために必要なタンパク質・ビタミン・ミネラルは意識的に取り入れるようにしましょう。

これらの栄養は普段の食事に少し食材をプラスすることで取ることができます。
1日3食の中の1食だけ意識的に変えてみることで、髪の毛に十分に栄養が行きわたります。

正しいシャンプーの方法

シャンプーは正しい方法で行って下さい。

  • お湯でしっかりと汚れを落とす

この時にお湯で濡らすのではなく、お湯で洗うようにしましょう。

  • シャンプーを泡立てる

シャンプーを手に取って手の平で泡立てるようにして下さい。
髪の毛に付けて泡立てないようにしましょう。

  • 髪の毛を洗う

泡立てたシャンプーを髪の毛に付けて、指の腹を使って優しく洗います。
頭皮をマッサージするようにして、爪を立てないで下さい。

  • シャンプーやリンスはしっかりと洗い流す

シャンプーやリンスのカスが頭皮に残ってしまうとフケやべたつきの原因となります。

  • ドライヤーで乾かす

男性は髪の毛が短いからと自然乾燥にしている方もいますが、ドライヤーを使って乾かすようにして下さい。
自然乾燥では髪の毛が痛みやすく、髪の毛が弱くなってしまいます。
頭皮から20cmほど離して根元から乾かすようにして下さい。

シャンプーは毎日行うと思います。
そのため、正しい洗い方をすることで若ハゲ対策ができます。

睡眠時間を十分にとる

睡眠時間は十分にとるようにしましょう。
成長ホルモンを分泌させるためには、睡眠が重要となるため、できるだけ早く寝ることを心がけて下さい。
午後10時から午前2時までの間は成長ホルモンが分泌されやすい時間帯です。
できるだけこの時間帯には寝ているようにして下さい。

育毛剤を使う


育毛剤を使うという方法もあります。
また、医薬品ではプロペシアやミノキシジルなどもあります。

近年ではドラッグストアにもたくさんの育毛剤が並んでいますが、AGAクリニックに行くことでより強い育毛剤を購入することができます。
気になるという方は育毛剤を活用してみることもオススメです。
注意が必要な点として、育毛剤を使用したからといって髪の毛は生えてきません。
育毛剤を使用しても髪の毛が生えてくるようになるまでには半年ほどの時間がかかります。

未成年の場合は薬を使うことが出来ない

未成年の場合には、医薬品のプロペシアやミノキシジルが使えません。
この理由としては、日本国内において20歳以下の人に対しての臨床試験が行われていないためです。
そのため、未成年は使うことができません。

また、女性も使うことができません。
プロペシアなどに含まれている成分は、男性の生殖器の発育に関係しているホルモンとなります。
そのため、妊娠中や授乳中の女性が服用してしまうと、胎児や赤ちゃんに悪影響を及ぼしてしまう可能性があるためです。
それ以外にも、プロペシアなどは男性型脱毛症の治療には有効ですが、これは男性ホルモンに対して作用があるためで、女性には効果がないとされています。

未成年や女性の場合には、通販で販売されているチャップアップなどがオススメです。

若ハゲが治る可能性は高い!

若ハゲは治る可能性が高いです。
若いうちであれば、代謝や細胞が活性化している状態で、回復力も十分にあります。
そのため、若ハゲだから今後ずっとハゲるんだ…と落ち込んでいるひまがあったら、対策をして改善しましょう。

若いうちに回復させておくことが重要です。
どうしても若ハゲが改善しないという場合には、クリニックを受診してみても良いかもしれません。